胃がん・食道がん

進行癌について

図S(1、2、3)は胃の進行癌、図E(1、2)は食道の進行癌です。このような状態になると、手術(食道癌は状況により放射線治療)が必要です。完治(完全に治る)する可能性は胃が50%、食道では15%前後です。

胃も食道も、早期癌では自覚症状がありません。胃や食道の癌で症状のある場合は、すでに進行癌となっていることが多くあります。
しかし、腹痛・胸焼け等があっても、実際には癌でないことのほうがはるかに多く、検査を受けて癌の有無を確認しておくことは大切です。進行した胃癌でも50%は完治するのです。また、最近では手術方法も改善されて、手術および術後の負担も少なくなり、入院期間も短くなっています。

早期癌について

図A(1、2、3)は胃の早期癌です。

図B(1、2)は食道の早期癌です。

胃の早期癌は、内視鏡のみで治療できることが多くなりました。手術が必要とされても、手術で100%完治できます。
食道の場合、食道癌を早期に発見され、内視鏡のみで治療できれば、治療の負担はとても少なく、完治する可能性も100%近いものがあります。「食道の早期癌を発見されて、内視鏡のみで治療できた場合、発見した医師はあなたの生涯の恩人のひとりといっても過言ではないでしょう」。なぜならば、食道癌で手術が必要な場合、その手術はいわゆる大手術となり、身体への負担がとても大きくなるからです。
さて、以上の他に十二指腸にも癌が発生することがあります。極めてまれです。

十二指腸の早期癌

「家族や大切な人の健康が心配な時、すぐに医師を受診するように勧めるでしょう」。「あなた本人の健康も勿論大切なのです。自らも病(医)院に足を運んで下さい」。

大切なのは、早期発見・早期治療

その為には検査を受けなければなりません。ためらわずに、受診の決心をして、信頼できる医師を探して受診して下さい。
今、胃癌は恐ろしい病気ではなくなってきているのです。繰り返しますが「胃カメラを受けて、異常がなくても損はしないのです」。確実な安心が得られます。
検査を受けて、スッキリ爽やかで、安心な毎日を送って下さい。

クリニックブログ当院の口コミを見る当院の口コミを書く
Tel045-477-1011